経営/ビジネス

異動希望を叶える人がやっているコト|キャリアコントロール術

今回のテーマは、キャリアの作り方についてです。

配属先はキャリア形成に影響を与えます。

ただし、異動希望は、叶えている人と叶わない人がいます。

異動希望を叶えられる力は、キャリア形成を成功させるためには非常に重要なビジネススキルだと考えています。

この記事が参考になる読者

『自分の異動希望を叶えたい』という願いは社会人であれば、必ず持つ感情だと思います。

  • 異動希望を通すために自分ができることを知りたい
  • これまで異動希望が叶ったことがない
  • 異動希望が叶っている人がやっているコトを知りたい

こうした方に向けて、異動希望を叶え続けている私が実際にやっているコトをまとめてみました。

この記事で得られるもの

  • 異動希望を叶えるための考え方が分かります
  • 実際に異動希望を叶えるための実践的なアクションが学べます

私の実例や私の周囲で異動希望を叶えている人の話などを総合して、明日から使える内容に仕上げました。

この記事の結論

  • 人事担当は、社員一人ひとりの顔や個性なんて知らない
  • 人事に自分の印象を強く持ってもらうことが重要
  • 異動希望と残してきた成果を発信し続けることが大切

 

それでは、進めていきます。

異動希望を叶えるための考え方

とてもシンプルに考えることが大切です。

異動をする目的は、適材適所によって会社の業績を上げることです。

喩えると、冷蔵庫は寝室ではなくキッチンに置いたほうが良い。』です。

『冷蔵庫は主に料理で使うもの』という共通認識があるからこそ冷蔵庫はキッチンに置くということが常識になっているわけです。

これを異動にも当てはめてみた時に「どんな状態になると異動希望が叶うのか?」が見えてきます。

冷蔵庫はあなたです。

異動を決める人が、あなたを「どこに置けば一番効果的なのか?」が分かっていれば、適切な場所に配置されることになります

つまり、『私がここに異動すれば会社のためになる』ことを知ってもらう事こそ、異動希望を叶える唯一の手段です。

異動希望を叶えるためにやるべき3つのコト

異動希望を叶えるためには、『人事が異動させたいと思うような人材として振る舞う』ことがポイントだと分かりました。

では、「何を意識するべきなのか?」「どう行動するべきなのか?」について私が実際に成功したやり方で説明します。

異動希望を叶えるためにやるべき3つのコト

  1. 希望を言い続ける
  2. 人事に覚えてもらう
  3. 実績を発信する

① 希望を言い続ける

上司との面談では建前として「ここに残りたいです」と言っておこう。はNGです。

「異動は人事部が決めるから上司は関係ない。」は間違えです。

上司は人事部から異動についてヒアリングを受けている可能性がありますし、同僚を通じて人事と繋がっている可能性だってあります。

また、あなたが優秀な人材であれば、上司は手放したくないと思うので、本人がここに居たいと思うなら尚のこと異動は許しません。

相手が上司であろうが同僚であろうが、社内でキャリアの話をする際は、絶対に意見をブラしてはいけません。

希望を言い続けるわけです。

私も新人1年目から「経営部門に行きたい」と言い続けて、周りからは散々「無理だ」と言われてきました。

「若手が何を言ってるんだ」

「目の前の仕事を一所懸命やれ」

「うちはベテランじゃないと経営部門になんて行けない」

それでもずっと言い続けて、実際に4年目から経営戦略本部で働くことができています。

意志さえあれば必ず異動に関係する誰かが聞いてくれていると信じることが大切だと思っています。

人事に覚えてもらう

人事担当は従業員一人ひとりの顔と個性なんて覚えてはいません。

ですから、どの社員よりも人事部に自分の印象を残す必要があります。

人知れず成果を出すだけではなく、きちんと知ってもらうことを心がけることが大切だと考えています

人事部に向けて発信すること

  • 異動したい理由と自分のスキル
  • 自分の個性や働き方
  • 人材としての市場価値
  • これまでの行動と実績

こうした主張を届けるために、人事担当とは定期的に接点を持つ努力をしたいところです。

実績を形として発信する

異動のアピールは、『今の部署が性に合わない』というネガティブな動機ではなく、『今の部署でも充分やれるが、もっとやれる余地がある』というポジティブな印象が大切だと思っています。

そのためには、自分が成果を出していることが対外的に知られている状態は非常にアピールポイントになります。

自分の実績を発信する方法

  • 自分の売上貢献度を表す実績書を人事担当に共有する
  • 社員訪問やOB訪問などのイベントに積極的に参加する
  • 同僚と繋がっているSNSで情報発信をする

社員の行動や成果は普通、オープンにはなりません

あなたが他部署の同僚の頑張りや成果を詳細には把握できていないのと同様に、あなたの実績もまた誰にも届いていないのです。

だからこそ、人事担当や会社全体に自分の存在そして実績を発信し続けることが大切だと考えています。

具体的な実践テクニック

ここまで考え方とやるべき事について説明してきました。

直属の上司に異動希望を伝えたり、実績を発信することは自分がやろうと思えば、やれる機会は目の前にあります。

ただ、人事部とのコミュニケーションはなかなか持ちにくいと思います。

このパートでは、人事部とのコミュニケーションについて私が実践していた具体的なアクションをお伝えしたいと思います。

具体的なテクニック

  • 相談を持ちかける
  • 定期的に面談してもらう
  • 飲みに誘う
  • 実績を伝える
  • 自己啓発してることを伝える
  • 転職をチラつかせる

まず、人事部は異動/配属だけでなく、社員のケアをしたりしています。

相談に乗ってくれる人事担当は結構多いので、まずはどんな小さなことでもいいので相談を持ち掛けています。

そこで得たコネクションをフックに相談後の近況報告などの名目で、定期的に接点を持つようにします。

仲良くなれば、ぜひ飲み会などを通してより距離を縮めることが最善ですが、さりげなく実績を伝えていきます。

そして、今後のキャリアに向けても自己啓発をしていることや、転職活動をしていることなどを共有します。

こうした一連のコミュニケーションによって、『悩みを抱えた社員が努力によって成果を上げて、スキルアップにも取り組み、市場からも評価されはじめている。』といったストーリーが出来上がります。

信頼関係は短時間では作れないので、出来れば内定者時代からコツコツと関係構築を進めていくのが理想です。

まとめ

要点まとめ
  • 人事担当は、社員一人ひとりの顔や個性なんて知らない
  • 人事に自分の印象を強く持ってもらうことが重要
  • 異動希望と残してきた成果を発信し続けることが大切

それでは、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です