経営/ビジネス

こんな人とは付き合うな!|最良のパートナーの見つけ方

今回のテーマは、公私問わず最良パートナーの見つけ方についてです。

仕事でもプライベートでも付き合う人を選ぶことはかなり重要です。

自分の価値観や生き方は、自分の周りの人たちからの影響によって形作られます。

その人たちが自分に悪影響をもたらすタイプだとしたら、あなたの人生は決して豊かにはなりません。

この記事が参考になる読者

あの人との縁を続けていいのか分からない」という感情を持ったことがあるのではないでしょうか。

  • 関わってはいけない人の見分け方を知りたい
  • ビジネスパートナーの見極め方が分からない
  • プライベートで恋人や友人選びで悩んでいる

こうした方に向けて、私が実践する関わってはいけない人の見極め方についてまとめています。

この記事で得られるもの

  • 縁を切るべきかどうかが判断できるようになる
  • これから付き合う人との関わり方が分かるようになる

人の評価というのは非常に難しいです。

「仕事では馬が合わないけれど、趣味の話は気が合う」「不平不満が多いけど、いつも自分には優しい」

このように『良いとこもあるし悪いとこもある』となかなか縁を切りづらいことも多いのではないでしょうか。

しかし、長期的に見て自分の時間をその人と過ごすことに本当に投資していいのかどうか?という視点に立った時には、大きな決断をする必要があります。

この記事では、ビジネスシーンでも恋愛などのプライベートシーンでも役立つ関わる人の見極め方についてまとめています。

この記事の結論

  • 付き合うべき人は、その人の依存先で判断する
  • 依存先が『瞬間的な欲望』要素が強いなら縁を切れ

 

それでは、進めていきます。

こんな人とは付き合うな!

付き合ってはいけない人は、その人の依存先を見て判断することが賢明です。

ただ、まず前提として伝えておきたいのは、その人の価値観や生き方を否定しているわけではないということです。

あくまで私が自分の大事な人生・時間をそういうタイプの人には投資しないという個人的なポリシーであり、そうした考え方を皆さんが判断する時の一つの参考にしてはどうかという想いで書いています。

ですから、人に価値観を押し付けたり、どっちが正しいという受け取り方をしないでいただきたいなと思っています。

それでは、話を戻します。

『その人の依存先を見て判断する』とは一体どういうことなのか?ということを説明していきます。

その人の依存先を見ろ

結論から言うと、その人の依存先が『その場限りの欲』に支配されているようであれば、私は縁を切ったり、関わらないようにします

例えば、ギャンブルや浮気が分かりやすいと思います。

ギャンブルはその場限りのスリルを味わうものです。

浮気だって自分の性衝動に振り回されている状態ですから、同じようなものです。

これらの類に多くの時間を依存させている状態では、人間的な成長も社会的な貢献も叶いません。

眠いから寝る。イライラするからキレる。食べたいから食べる。

このような衝動的な欲求に支配されている人と付き合ってしまうと、こちらが消耗することになります。

なぜならば、見ている時間軸が違うからです。

少なくとも私の周りにいる心が豊かな人や成功者と呼ばれる人は、長期的なビジョンを持って生きています。

勉強だって、筋トレだってその日の欲求を満たすのではなく、成し遂げたい将来の目標に向かって取り組んでいます。

その場限りの欲はまさに短期的な視点ですから、長期的な視点を持って生きている私がそういう人と関わってしまうと必ず衝突が起きてしまいます

衝突が無かったとしても一緒にいて心から豊かになることはありません。

仕事でも同じです。

「世の中のこんな負を解決したい!」「こんなニーズに応えたい!」という想いで働いている中で、「お金だけもらえればそれでいい」と考えている人と一緒にいてどう感じますか?

このように、その人が何に依存しているのか?に目を向けると自分が関わるべき人かどうか?というのは意外と簡単に判断ができるわけです。

最良パートナーの見極め方

関わる人は、その人の依存先が『衝動的なその場限りの欲求に支配されたもの』なのかどうか?で判断することだと言いました。

より深掘って、具体的にはどういう判断基準を持つべきなのか?についてまとめました。

最良パートナーの見極め方

  • 衝動欲求依存の割合が1割以下
  • その場限りの欲を満たす言動が1割以下

衝動欲求依存の割合が1割以下

重要なのは割合です。

気分転換に欲望のままに時間を過ごすことはむしろ大切だと思います。

問題なのは、多くの時間をそうした『その場限り』に費やしてしまう事です。

稀にストレス発散のためにパチンコをするとか暴飲暴食をすることに関しては、それを自分で悪いことだと自覚していて、あえてやっているのであれば、全く問題はありません。

その場限りの欲を満たす言動が1割以下

分かりやすいのは、悪口や不平不満です。

自尊心を保つために、何かを攻撃してその場限りの感情を抑えることは周りにも悪影響を及ぼします。

そうした人は、常に依存先を探しているので、いつまで経っても自分で豊かさを勝ち取ろう成長して周りに貢献しようとはならないように感じます。

最良のパートナーは常に建設的で未来志向で、自分の影響力の輪の中で行動しようと考える人が望ましいです。

そういう人は、あなたに対しても長期的で未来的な示唆を与えてくれることでしょう。

まとめ

 

 

それでは、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です